【オフィスワーカー必見】エンジニアこそ筋トレしろ!筋トレをすべき5つの理由

冒頭


この投稿はアイスタイル Advent Calendar 2020 の23日目の記事です。
12/23ということは明日、明後日はいよいよクリスマスですね(笑)
みなさんはいかがお過ごしの予定ですか^^

クリスマスなのに誰かと過ごす予定もないし、また今年もクリぼっちだぁ・・

なんて嘆いているそこのあなた!
もうそんな心配はありません。21世紀の令和の時代には、筋トレという最高のライフハックがあります。
この記事を読み終えた後、あなたのそんな悩みなんてとうに解消されていることでしょう。
※タイトルでは、エンジニアこそ筋トレしろ!とかいっていますが、
これは別に私がエンジニアだからなのと、あくまで技術ブログだからそう打ち出しているだけで、
オフィスワーカーに共通するものです。
クリスマスシーズンに、堅苦しく技術的な話をしてもつまらないのでたまにはね・・

目次

  • 自己紹介
  • 背景
  • 筋トレをすべき理由①〜体力がつく〜
  • 筋トレをすべき理由②〜メンタルが安定する〜
  • 筋トレをすべき理由③〜見た目が良くなる〜
  • 筋トレをすべき理由④〜趣味ができる〜
  • 筋トレをすべき理由⑤〜人生が充実する〜
  • 筋トレのデメリット
  • さいごに

自己紹介

その前に、お前誰だよって感じなので、軽く自己紹介します。
アイスタイルに19卒として入社したbannotと申します。
@cosme SHOPPINGというECサービスを担当領域としています。
基本的に@cosme SHOPPINGに関わることは割と何でもやってます。
12/1~12/4まで開催された@cosme Beauty Dayにも携わっていました。
みなさんコスメは買ってくれましたか??

背景

2020年、筋トレはじめました。
私、そもそも大学時代はバリバリの体育会でした。
週6日の練習という、普通の学生が過ごすだろう淡い青春とは無縁の存在でした。
講義後遊びに行ったり、長期休暇は旅行や留学に行ったり、サークルやゼミ合宿でキャッキャした(ry
そんな話はさておき、こんな私でも社会人になるとあまり運動をしなくなるものなんですよねー。
しかし食べる量は変わらないので、現役を引退した人が当時の面影がみるみるなくなっていく理由が分かった気がします。
私の場合は逆で、現役時代ウエイトが74kgでしたが、社会人になると66kgとかになりました。
あれ?痩せたやん、と思うかもしれないですが、実はこれ筋肉が減ったんですよねー。
カラクリとしては、体重は減ったように見えますが、筋肉が減って体脂肪が増えたので、
ようはデブになったってことなんですよね・・
エンジニアというデスクワークの代名詞でしかないこの職種で、
いずれは身体に支障をきたすだろうと、ヤバいと思いはじめたのがきっかけです。
テーマを戻して、そんなバリバリの体育会だった私が、実際に筋トレを通して感じた、筋トレをすべき理由を以降に記述します。

筋トレをすべき理由①〜体力がつく〜


筋トレをすると体力がつきます。
いくらオフィスワークといえども、結局仕事は体力勝負みたいなところありますよね。
頭をフルスロットルで働かせるためには、それなりの体力は必須です。
また、筋トレや運動をすると頭がよくなるといった研究結果も上がっていたりします。
※ググったらいろいろ出てきます
血流がよくなり、脳に運ばれる血液も多くなり、神経細胞を活性化してシナプスの形成を促進する効果もあるみたいです。
つまり認知力の向上が見られるみたいです。
「脳筋」と侮るなかれ。

筋トレをすべき理由②〜メンタルが安定する〜


筋トレをするとメンタルが安定します。
理由としては、筋トレをすると以下のホルモンが分泌されるためです(代表的なもののみ抜粋)

①テストステロン
男性ホルモンの一種です。筋トレする上では最重要ホルモンです。
筋力向上、意欲向上、記憶力・集中力向上、
アンチエイジング・生活習慣病抑制・抗うつなどの効果があります。

②セロトニン
通称、幸福ホルモンと呼ばれているものです。
精神の安定、気分の高揚などの効果があります。
ちなみに日光に浴びると人間はセロトニンが分泌されます。
日光を浴びましょうというのはそういった意味があります。
また、セロトニンは睡眠時にはメラトニンといったホルモンをつくる材料となります。
メラトニンは良質な睡眠には欠かせないホルモンです。

③ドーパミン
通称、幸福ホルモンと呼ばれているものです。
こちらはセロトニンと同様、精神の安定、気分の高揚などの効果があります。
運動した後にスッキリしたーっていうのはこのドーパミンが出ているからなんですね。

以上のホルモンが分泌されることにより、筋トレをするとメンタルが安定します。
またセロトニンのくだりで、
良質な睡眠には欠かせないホルモンであるメラトニンの作成にも関わってくるので、
寝付きが良くなり、おのずと良質な睡眠になります。
オフィスワークだと精神的には疲れているが、体力的にはまだまだ疲れていないため、
なかなか寝付けないみたいなのが、筋トレによって体も疲れさせることによって防げます。
「俺か、俺以外か。」で有名な某Rさんも、
「メンタルが鬱ったらまず筋トレしにいけ」と言うくらい筋トレとメンタルは密接な関係なんですね。

筋トレをすべき理由③〜見た目が良くなる〜


筋トレをすると見た目が良くなります。
体つきや姿勢もそうなんですが、顔つきも良くなったりします。
理由としては、表情筋が鍛えられるからです。
重たいダンベルやバーベルをあげる時、歯を食いしばります。
もう限界に近い、いや限界だ、潰れる、でもあと一回あげる時、歯を食いしばります。
その時に表情筋は鍛えられます。
表情筋を鍛えると、
表情が豊かになる、しわ・たるみ、毛穴目立ちの改善、小顔効果女性にも嬉しい要素満載です。
また男性はテストステロン分泌により、
まるで過酷な現場で訓練を積む軍人、リングで死闘を繰り広げた格闘家、乱世で戦を終えた武士のような佇まいへと変貌を遂げることでしょう(大袈裟)

筋トレをすべき理由④〜趣味ができる〜


筋トレをすると筋トレという趣味ができます。
この趣味は一生ものの趣味です。
そしてジムに行かずとも、家に筋トレグッズがなくても、自分の体さえあればできます。コスパ最強です。
運動が苦手でもできます。生まれ持った身体能力などいりません。体さえ動けばできます。
筋トレという趣味の最大のメリットは、筋トレという共通言語の取得筋トレによる周辺知識の取得です。
この2つは老若男女問わず当て嵌まったりするものです。世代や性別といった垣根を超えていきます。
また、筋トレがフックとなり、周辺知識についても詳しくなっていきます。

・何を食べたらいいのか
→食に対する知識がつきます。自然と栄養に対する知識がつきます。

・準備すべきことは何か
→プロテインやサプリメントに対する知識がつきます。睡眠も大事なので睡眠に対する知識もつきます。

・筋肥大よりも引き締めたい
→筋トレに対する知識がつきます。また人体や筋肉の構造に対する知識がつきます。
などなど

生活習慣病に悩む男性や、ダイエットをしたい女性や、競技のパフォーマンスをあげたい学生などなど
筋トレという共通言語とその周辺知識は、様々なところで繋ぐ架け橋にもなり得ます。

筋トレをすべき理由⑤〜人生が充実する〜


筋トレをすると人生が充実します。
①〜④の総括なんですけどね(笑)
私自身、筋トレをしていてこれいいなと思ったことを1つ紹介します。
それは、筋トレ中心の生活に変わったことです。
この文面だけだと、その道の人になってしまうので掘り下げると、
1日のタイムスケジュールの中に筋トレの時間が組み込まれることによって、筋トレを起点としたスケジュールを組めるようになりました。
イメージとしてはこんな感じです。あくまで参考例ですが。

■平日

■休日

上記のグラフのように、筋トレする時間を設定すれば、
就寝する時間が決まり、食事する時間が決まり、
どのくらい他のことに時間を割けるかみたいなことがしやすくなりました。
無駄に夜更かししたり、脳死状態でNetflixやYouTubeをみる回数はあきらか減ったなーと思います。
朝一で筋トレをすることによって、充実した状態で1日をスタートできる点も良かったと思います。

筋トレのデメリット


これまでは良いところばかりあげていましたが、デメリットも当然あります。

・タイピングの時に手が痙攣してタイポする
→筋疲労によりタイピングの時に手が痙攣します。
平日朝の筋トレは一長一短ですね。
特にベンチプレスやデッドリフトみたいな強度の高いものは休日に回した方が良さそうです。

・筋疲労により眠くなる
→上記と同様ですね。
なるべく平日は、強度の高いものは避けるようにしましょう。

・人付きあいが悪くなりがち
→特にアルコールの場とかだとより顕著に・・・。
バランスをもった行動を意識しましょう。
などなど

さいごに


ストレス社会と呼ばれる現代、
そこにおける銀の弾丸は間違いなく筋トレなのではないでしょうか?

さて、冒頭におけるクリスマスの嘆きはすでに解消されたのではないでしょうか?
そう、ここまで読んでくれたあなたの横にはもう最愛の恋人(ダンベル)がいるはずです。
ここで私が気に入っているツイートを1つ引用。


私も最愛の恋人(ダンベル)と過ごします^^
いやー今年も最高のクリスマスになりそうですねー。

リア充爆発しろ

ということで長い記事でしたが、お読みいただき本当に、本当にありがとうございました。

#アイスタイル19卒 #@cosme shopping担当 #格闘技 #尾張のエンジニア